値段・技術が全然違う!リフォーム業者選びが一番重要です

立派な家

リフォーム業という登録制度は無いんです!

シックな部屋

建物を新築する時は建築基準法に従って行わなければなりません。そして建築は建築業登録をされている業者が行わなければなりません。こういう基本スキームについては多くの皆様がご存じ頂いている事だと思います。一方でリフォーム工事ですが、この工事についても同様と思われている皆さんが多いと思います。実はリフォーム工事は建物の新築とは違うスキームなのです。そもそもリフォーム業者という職種は国で定められていません。新築は建築業登録された業者が建築基準法に則って行わなければなりませんが、リフォーム工事には適用されません。つまりリフォーム工事は建築業登録していなくてもできますし、建築基準法に従って確認申請をする必要も無いのです。ここに問題がはらんでいます。多くの皆さんがリフォーム業という業態はリフォーム業登録された仕事とお思いだと思いますが、リフォーム業の登録制度はありません。
つまり誰でもできるのです。ですから、水道屋さんでも、電気屋さんでも、ホームセンターでも、当然工務店でもリフォーム工事をする事ができるのです。ここに悪徳リフォーム業者が存在する下地があるのです。リフォーム工事の領域は広いのが現実です。家にまつわる事全てがリフォーム対象ですから、リフォーム業者が世の中に多く存在しているのです。そこからご自分の理想とするリフォーム業者を探す事が、一番重要な事なんです。

TOP