値段・技術が全然違う!リフォーム業者選びが一番重要です

立派な家

リフォームをする目安と注意点

きれいなソファ

新築で家を建てた時は屋根、外壁、水廻りなどの設備面とすべて新品なんですが、入居して生活が始まったら同時に劣化も始まってしまうのです。最初の数年は劣化が始まっている事に気づく事は少ないですが、時間の経過とともに劣化している部分が目に見えてきます。そのため快適に生活を送って行くためには家のリフォームというのは欠かせないものなのです。リフォームをする目安として屋根や外壁は築10年、キッチン、浴室、トイレなど水廻りは築15年と言われています。そのため目安の時期になる少し前にはリフォームの事を検討していく必要があります。しかし目安より前に劣化してしまう事もある他家族構成によってリフォームしなければいけなくなる場合もあります。そのような時には臨機応変に対応して早めにリフォームするといいでしょう。
家族に高齢者の方がいるという時は水廻りのリフォームを重要視する必要があります。高齢者の方は下半身の筋力が低下しているので特に浴室には注意しなければいけません。浴室が劣化してきてしまうと浴槽や床が滑りやすくなってしまい転んでケガをしてしまう可能性があります。またトイレに関しても高齢者の方が便座に座りやすいような高さの便器にリフォームする必要があるので家族に高齢者の方がいる場合は安全面を考えて水廻りのリフォームを早めに検討していきましょう。

TOP