値段・技術が全然違う!リフォーム業者選びが一番重要です

立派な家

マンションのリフォームはちょっと特殊です

黒を基調とした部屋

余り知られていないことですが、戸建て住宅のとマンションのリフォームでは工事の難しさと気遣いの仕方が違います。家と言えば通常は一戸建てです。大工さん、工務店さんというのも通常一戸建てを建築するのが本職です。マンションは通常デベロッパーが計画し、ゼネコンが建設します。建てている主体が違うのです。マンションのリフォームは、工事としては少し特殊な位置づけになるということなんです。マンションにお住いの方でリフォームを検討されていらっしゃる方は、この点についてご留意頂く必要があります。
住まいを増改築するだけという捉え方で言えば、一戸建てもマンションも住戸の工事ですから同じように思えると思います。古い浴室をリフォームして新しい浴室にしたいということであれば、一戸建てもマンションも同じではないかと思いがちです。ですが、この場合も決定的な違いが発生します。一戸建て住宅は一般的には木造軸組工法で建てられているので、柱の立てて空間を埋めて壁を作ります。浴室をリフォームする場合はこの壁を壊し柱は生かします。作業がしやすいのです。ところがマンションはコンクリートで四方を囲まれている空間にユニットバスが置かれているのが普通です。極めて工事しにくい構造です。これは一例です。一戸建てとマンションのリフォーム工事には留意が必要になります。つまり専門業者を探す事が重要になるのです。

広々とした間取りにする為の工事

住居によっては、面積に関する問題点を抱えてしまっています。そもそも住宅の間取りは、必ずしも適切と限りません。構造によっては、やや狭く感じられる事もあるのです。例えば、不要な壁です。明らかに不要な箇所に対して、仕切り壁などが設置されてしまっていることがあります。その壁がなければ、住宅が広く感じられる事もあるのですね。もちろん面積が広い方が、住宅は住み心地も良くなるものです。
また、2つの部屋を1つにしたいとのニーズもあります。1つ1つの部屋は面積が小さいですが、その2つを合体させると面積は大きくなるのです。このような面積に関わる問題点は、リフォームによって解決できるケースが多々あります。まず前者の仕切り壁ですが、それを撤去する選択肢もあるのですね。リビングなどのリフォームでは、その工事はよく行われます。それと後者の部屋なども、やはり工事によって解決できる事があります。2つの部屋を1つに合体させるリフォームなども、技術的には可能なのです。このように工事を行う事で、住居が広々とした状態になります。もちろんその方が、住み心地が良くなるのは明らかでしょう。面積をできるだけ広くしたいと思う時には、リフォームを検討してみると良いですね。

リフォーム業者選びは慎重に!

リフォーム工事というのは本当に領域が広い工事なので、定義がなかなか難しいものです。門扉を新しくするのもリフォームとも言えるし、部屋を増やすのもリフォームと言えますし、流し台をシステムキッチンにするのもリフォームと呼ばれています。少し中身を整理してみましょう。大きく分けて5つ位にリフォーム工事は分類されます。
1)修繕工事
雨漏り、便器の水漏れ、壁にあけた穴、等。
2)交換工事 古い設備を新しい設備に交換する。(システムキッチン、洗面化粧台、トイレ、給湯器等)
3)間取りの変更
3LDKの間取りをLDKに変更する等。
4)インテリアムードの変更
カーペットを床材に張り替え、クロスを一新等。
5)外回りの変更
門扉を作る、駐車場に屋根を付ける、玄関アプローチを造る、庭に池を造る等。
この様に一口にリフォーム工事と言っても領域や内容が多岐に渡ります。ここで重要なのは業者の選択です。領域が多岐に渡るので、自ずと業者の選択範囲も広く難しいのが実情です。例えば、システムキッチンに新しくする場合、ガス屋さんでも、水道屋さんでも、工務店さんでも、キッチンリフォーム専門業者でも、ホームセンターでも可能なんです。それでは誰が一番プロで最適なのか?これは一概に特定ができません。ですから、留意したいのは、複数業者と面談し、見積もり比較をする事です。一番望ましいのは相性。感性を大事にしてみて下さい。

TOP